FC2ブログ
藤山大樹HP_ブログ


弟子修行で習うこと ~ マジック編

藤山流は、今でこそ「古典芸能」の色が強くなりましたが、

入門時は、「和」だけではなく「洋」も一通り習います。



僕が始めに習ったのはシルクマジック(マジック用のハンカチでするマジック)でした。

その後、ロープ、カード、四ツ玉、シンブル、ゾンビボール、リング~等の基礎を習います。

習っている時は、「シンブル、仕事としていつ使うの?」と思ったりしました。

これらを6カ月くらい習うと、

「じゃあ手妻やろうか。」となります。

その後は、手妻とマジックを交互に習っていきます。

両方習うのは、手数を広げるためだそうです。

一つの事にとらわれず、色々な側面からマジックにアプローチするという考え。

藤山流では、卒業したら 「手妻しかやってはいけない」 わけではなく、

プロマジシャンとしてどのように舵切りしていくかは自分次第です。



たまに 「仕事では、洋はやらないの?」 という質問を受けます。

「はい。」

パフォーマンスに関して、和でしか仕事を承っておりません。

クロースアップもやらないので、かなり狭いところを進んでいます。

師匠の教えの「色々な側面から~」には反していますが、

今は一種の専門性を大事にしてパフォーマスしています。

今度は芸事以外で師匠から学んだ事を書こう。

スポンサーサイト



2018.02.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自分の事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

Taijyu Fujiyama

Author:Taijyu Fujiyama
名前 藤山大樹(ふじやま たいじゅ)
職業 手妻師(日本伝統奇術)

(公社)日本奇術協会 正会員・師範

2014年FISM ASIA 部門優勝
2015年マジック世界大会「FISM」の日本代表 部門5位
世界10ヶ国20都市以上で公演

検索フォーム