FC2ブログ
藤山大樹HP_ブログ


接点を見つける

先日、船堀にある東京健康ランドのまねきの湯で出演をしてきました~
約40分を2回だったのですが問題が・・・

先方の依頼が七変化をどうしてもみたいだったのです・・・

でもほら
マジックの種仕掛けを少しでもご存知の方はお分かりになるかと思いますがセットとかセットとかセットとか・・・・

用はいろいろと都合があるわけで七変化はもともとコンテストを基準に作ったものだったので本当は他の演目とは離さないと出来なかったんですよ。
よくコンテスト手順と呼ばれるものと営業手順を分けてつくられる方々いると思います。
もちろんこれを完全否定するわけではないですよ。
でも僕の考えとしては自分が長い時間かけて作り上げる手順を看板芸に出来なきゃだめだと考えてます。
・・・あれでも

以前僕ともう一人他の人で合同のイベントの時は最初僕が出て次に違う出演者が間にやってその間に着替えてセットして~んでラスト七変化でした。これなら無理なく出来る
でもこれじゃいつになっても僕+アシスタント一人の営業では七変化が出来ない!!!!

もちろん初めにやってしまえばいいんだけど・・・・

看板芸を初めにやると尻すぼみじゃないですか・・・
そこで考えて出した答えが!

曲でつなぐ!

安易wって思わないでね

苦心の作です。でもたった30秒曲を流すだけでセットし終える事に成功!
一応どちらにしろ構成上一度引っ込むこの手順なので30秒何かしらの曲を流して、んで曲終わり後に七変化曲スタート!
これでなんとか念願の僕のみでの営業で七変化がトリを飾れました~♪
その変わり演者への負担が半端ないですけど。

んでこの事を師匠に話したらもっと簡単にしかも効果的七変化を行う術を教えていただきました。
次営業で七変化出来る機会があったら試してみよう思います。

んでまぁ何が言いたかったかと言うと

これは角度が~とかセットが~等で出来ないから出来る条件の会場のみでやるのではなくどこの会場もちろん限度はあってもいいが大概の場所で出来るようにかつ自分のやりたいこともするにはどうするのかその接点を見つけることが大事と言う事が言いたかったのです。

もちろんこの接点と言う考え方は師匠の受け売りですw
僕が初めからこんな素晴らしい考えを持っているわけではないですよ。
でも露出の場が増やせれば色々な可能性が広がるしなんとなく来年は七変化がもう一回大きく変動しそうな気配を感じます。頑張ろう。

それまでに狐面まずはこれをどうにかしよう。もっとこう~憎たらしい中に愛嬌のある顔にしたいな~♪

スポンサーサイト



2012.11.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | マジック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

Taijyu Fujiyama

Author:Taijyu Fujiyama
名前 藤山大樹(ふじやま たいじゅ)
職業 手妻師(日本伝統奇術)

(公社)日本奇術協会 正会員・師範

2014年FISM ASIA 部門優勝
2015年マジック世界大会「FISM」の日本代表 部門5位
世界10ヶ国20都市以上で公演

検索フォーム