FC2ブログ
藤山大樹HP_ブログ


最近の出来事と未来へ

色々大きなイベントを終えてたぶんきっと少しくらいは成長したと思います。
すっごい簡単に書いてくと・・・

FISM
マジック界のオリンピックでマジックの世界大会にに日本代表で出場!!!
学生時代からの夢の舞台にまさか自分が出れるようになるとは思わなかった。でも結果は全然ダメ。
悔しいけど自分のダメが見えた大会でした。

深川体験わーるど
初めて30分以上のショーをやりました。
演目構成やしゃべりとかいろいろ考えるいい機会だった。あと営業の場で以下に七変化をやるか凄い悩んだ。
まだまだ七変化はコンテスト手順過ぎてダメ。そしてコンテスト手順にしても中途半端

天一祭
初めての世界大会の運営指揮しました。
実行委員の皆様やゲストとその他スタッフ等様々な方の協力があってどうにか終了。
たぶんこれのお陰でだいぶ成長した(事務能力が・・・)

あと一番勉強できたのは「どうやって人を使うか」ということ
なんかこれだけ聞くと凄いいやな言い方だけど
上に立って指揮をするのはただ自分がやるより大変だってこと。
上手にアウトプットして相手に伝えることの大変さはある意味芸事につながると思う。
僕はうまく自分のやりたい事を相手に伝える術をもっと身につけるべきだ

そしてなぜか天一祭では七変化の出来が良かった。
FISMでの失敗が嘘かの如く・・・
あれぐらい極限状態に追い込んだ方がいいということだろうか・・・
あまりもう一度はしたくないけど。

六本木マジックサロン
4日間の夏季休暇を頂きその一日で(公社)日本奇術協会の同期でもあるTSUKASA氏の主催するイベントに出演させていただきました。
20分を2手順も・・・
普段やらない事や新しい手順はやっぱり難しい。今回すごく手順構成に悩みました。たった20分2回ですがまだまだ経験もレパートリーも少ない僕には大変いい勉強ができました。オーナーさんとTSUKASA氏には気にいってもらえ田みたいですしよかった。
あと小学生が一人いました。
夏休みの自由研究でマジックのしかもコアのコアの「手妻」を調べているそうです。
んで今回のイベントを聞いてご来場。
少しばかりですがお話もさせて頂きました。
そして研究資料を見たらこれがまたちゃんと調べてあるんですよ!!!!
今回僕の手妻を見て何を感じてもらえたのだろうか。
手妻は古い、遅い、つまらないではなくて

面白い!!!!

になっただろうか。

こうやって若い人の手妻の支持者が増えているのが実感できたのは幸いでした。




これから
今後のイベントは・・・・

学校公演と藤山一門興行と・・・

あとはまだ書いちゃだめなことが幾つかかな。




あっという間の夏休みもあと一時間ちょっとで終わってしまう。
あと一時間の今日で自分の未来の為に何が出来るかな

うん・・・


明日からまた仕事か。

頑張ろう。

スポンサーサイト



2012.08.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

Taijyu Fujiyama

Author:Taijyu Fujiyama
名前 藤山大樹(ふじやま たいじゅ)
職業 手妻師(日本伝統奇術)

(公社)日本奇術協会 正会員・師範

2014年FISM ASIA 部門優勝
2015年マジック世界大会「FISM」の日本代表 部門5位
世界10ヶ国20都市以上で公演

検索フォーム