藤山大樹HP_ブログ


FISMASIAまとめ

アジア大会から数日が経ちようやく落ち着いてきたので遅くなりましたがまとめようと思います。

いやすごい大会でした。

結果は先の記事の通り一位でした。自分の部門はステージのGeneral部門です。

あと韓国奇術協会から特別賞もいただきました。

20141106_2 20141106_6
(写真・・・藤山博士)

20141106_7 20141106_5
(写真・・・Kei Izumi)

韓国の友人が授賞式の際の映像を撮っていてくれたらしい。



さて正直自分では今回取れて3位だと思ってました。それどころか入賞すらできないと感じていました。謙遜とかではなくです。

当然大会参加者のほとんどが僕のことなんか気にもしなかったでしょう。

でも一位でした。参加者、関係者にとって青天の霹靂だったのではないでしょうか。

というか自分にとってもです。

自分のブロック以外のコンテストは全て見ました。

他のコンテスタントと比べ自分は会場を沸かせるわけでもなく静かな感じで演技終えました。

失敗はなく、でも気迫を飛ばしきれなかったので少し悔しい感じを残し、「まぁ今の自分にはこんなもんだよな」と思い片付けをしていたくらいです。

同部門の中にはスタンディング・オベーションを出すコンテスタントもいました。

そんな中の一位でした。このようなことを書くと受賞を逃した方や審査員に失礼とは思っています。

しかし今の自分の気持ちを書き留めて来年のイタリアFISMへの原動力にしようと思います。

今の気持ちはすごく複雑です。

とても嬉しいですが、反面他の反感をかうんじゃないだろうかとすごく不安です。

審査員の殆どに理由を伺いました。

聞けば、かなり明確な答えでした。

でもそれを全てひっくるめても僕が一位なのだろうか・・・

授賞式の夜はずっと自問自答でした。今もですが・・・

嬉しいことは3年間作り続けてきた「七変化の方向性」・「手妻の大事な要素」が世界に認められる可能性の片鱗が見えたことです。3年間は間違いではなかったことが証明されたこと。

今回自分に悔しくも負けてしまったコンテスタントは凄い力で来年のイタリアに挑んでくるでしょう。

次は自分にこんな複雑な思いをさせないよう、自他共に認める一位を取れるように特訓するしかない。

もう一年ない!頑張ります!

御終いに・・・韓国最後の夜に友人と「韓国といえば焼肉でしょ!」ってことで焼肉食べました。

20141106_8 20141106_4

スポンサーサイト

2014.11.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | マジック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

Taijyu Fujiyama

Author:Taijyu Fujiyama
名前 藤山大樹(ふじやま たいじゅ)
職業 手妻師(日本伝統マジック)
年齢 29才
(公社)日本奇術協会 正会員

2014年マジックのアジア大会で部門優勝
2015年世界大会「FISM」の日本代表

検索フォーム