FC2ブログ
藤山大樹HP_ブログ


マジックを仕事にしてきたことについて

2度の世界大会に日本代表として挑戦して今があるわけだが、

結論としてはそのことが直接、現在の仕事に結びつくことはなかった。

まぁ世界大会で賞を取ってすらいないので、僕がこの結論を出すのは考え違いかもしれない。

ただ、もし今後、プロを目指す方で、世界大会にチャレンジしたいと考えている方は、この事を肝に銘じなければいけない。

同じことを既に書いたが、大会はゴールではなく、きっかけを作る種でしかない。

その種をどうやって育て、収穫し、そして広げるかが大事である。

現在、お陰様で色々な仕事をさせてもらえている。

その中でも世界大会の為に作った演目「七変化」のお陰で、沢山の素敵な仕事ができたのは間違いない。

世界大会と言うきっかけで、作品を作り、それをメディアに取り上げていただき、

それを観た視聴者から是非観たいと問い合わせがあり、その現場で見た方メディア関係者から・・・

そんなご縁で仕事が回っている。

20代に心血を注いで作った作品が、今の仕事に活かせているのは、その時、本気になったからである。

勿論これが全てではない。

マジックで仕事をすることには、多くのアプローチがある。

そもそも僕はニッチな市場の更にニッチな、手妻をしている。

これから何度も何度も大変な時が来るだろう。

明日仕事が突然なくなるかもしれない。

それでも高校生の時の僕が感じた思いを多くの方に届けたいと思う。

いつもどの時代でも、マジック文化にはその独特な仕掛けやタネというコンテンツのせいで光と影があります。

特に現在のようなSNSや動画配信サイトの隆盛にともなう、個人一人一人が情報発信者になれる社会の中では、その影が強まる傾向があるのもしょうがない。

それでもそれでもやっぱりマジックって楽しいよ。

僕はこれが仕事にできて幸せだと思っている。



さて僕がどうして手妻師になったか。

そしてその魅力って何かを伝えようとしての僕の人生を書きはじめたこのブログだったけど、

結論が「マジック楽しい」になってしまいました。

まぁ15年のマジック人生の内、プロの手妻師として活動してるのは半分もないからな。

今回僕の過去というか経歴をつらつらと綴ってきた。

稚文なのに時たまブログ読んでますという言葉を聞くと恥ずかしくも嬉しかった。

一旦、大樹マジック史は終わりにしようと思います。

僕は弟子修業中からずっと手妻でしか仕事をしていません。

だから今後は、書ける範囲ですが、手妻師が今までどんな仕事をどんな風にしてきたかを書いていければいいなと思います。

それにしても2018年2月20日に始めたこの企画だったけど毎日更新し続けて、約一か月半あっという間でした。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

明日からもこのブログは更新し続けますので、引き続きご贔屓の程よろしくお願いいたします。




※この記事は、「自分のための大樹マジック史」と題して綴っています。
スタートは、「自分のための大樹マジック史~人生初のマジック体験の記憶」です。




******<自主公演 完売御礼>******

20180404 20180223_2


代表作「七変化」を含む90分の手妻公演です!
これからライブ活動に力を入れていこうと考えています。
その第一歩の活動です。是非ご支援ご協力をお願いします!

<公演案内>
藤山大樹 江戸手妻~Japanese Traditional Magic~
日程 5月13日(日)
時間 開場 16:00 開演16:30 終演予定 18:00
会場 武蔵野芸能劇場 小劇場 (三鷹駅)
地図 http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/geinou/access.html
料金 先行販売 2,100円(2月14日~3月13日23:59)
    前売り2,500円(3月14日~5月12日23:59)
    当日 3,000円
    (全席指定席)

<WEB購入方法>
以下URLから購入可能
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/017vugzedmih.html

※クレジットカード対応
※チケットレスです。
※購入後、自動返信メールとは別に、座席番号をお知らせするメールをお送りいたします。
※上記WEB購入が難しい場合、振り込みによる購入も対応いたします。ご希望の場合はtaijyufujiyama@japanesemagic.jpにご連絡ください。

スポンサーサイト



2018.04.14 | コメント(4) | トラックバック(0) | 本のつもり

2回目の世界大会に向けての挑戦の事~コンテスト本番の事~

何回も何回も稽古をしていても、何故か本番にしか起きないミスはあるもの。

前の世界大会でもあった。

今回もあった。

観ている側は気づきづらいところだが、やっている本人としては気が気じゃない。

その瞬間で終わるミスならいいが、マジックでは後に引きずるミスがある。

メンタル的なところもあるが、道具的なところもある。

今回は後者である。

道具的な問題の場合、その場、その瞬間で、どうやって観客に気づかれず、その問題を解決できるかを考えなければいけない。

演技をやめるわけにはいけないので、演技をしながら、そんなことを同時に考える。

無事ではないが、乗り切った。

ほっと一安心。

結果的には、部門5位だった。

悔しい結果ではあるが、これが今の実力なのだろう。

帰国した。



次回・・・一つの目標を終えたその後の事をつらつらと。



※この記事は、「自分のための大樹マジック史」と題して綴っています。
スタートは、「自分のための大樹マジック史~人生初のマジック体験の記憶」です。




******<自主公演 完売御礼>******

20180404 20180223_2


代表作「七変化」を含む90分の手妻公演です!
これからライブ活動に力を入れていこうと考えています。
その第一歩の活動です。是非ご支援ご協力をお願いします!

<公演案内>
藤山大樹 江戸手妻~Japanese Traditional Magic~
日程 5月13日(日)
時間 開場 16:00 開演16:30 終演予定 18:00
会場 武蔵野芸能劇場 小劇場 (三鷹駅)
地図 http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/geinou/access.html
料金 先行販売 2,100円(2月14日~3月13日23:59)
    前売り2,500円(3月14日~5月12日23:59)
    当日 3,000円
    (全席指定席)

<WEB購入方法>
以下URLから購入可能
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/017vugzedmih.html

※クレジットカード対応
※チケットレスです。
※購入後、自動返信メールとは別に、座席番号をお知らせするメールをお送りいたします。
※上記WEB購入が難しい場合、振り込みによる購入も対応いたします。ご希望の場合はtaijyufujiyama@japanesemagic.jpにご連絡ください。

2018.04.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 本のつもり

2回目の世界大会に向けての挑戦の事~本番直前に考える事~

世界大会は1週間くらいかけて行われる。

僕の順番はまんなかくらいだったかな。

出番前日の朝、そこそこ激しい腹痛がした。

腹痛用の薬を飲んだが良くならない。

おそらく緊張によるものだろうか。

同じホテルに宿泊している台湾の友人に相談したら。

薬をくれた。

何故かもらった薬は日本の薬である。

「この薬が最強だから!」

飲んでみたら少し治まった。

大会当日は朝早くから会場に行く。

まだ裏口しか空いていない状態。

準備を済ませて待機。

出番直前に考えることはありますかと昔インタビューで聞かれたことがある。

僕はほとんど何も考えていない。

しいて師匠の教えである。

「舞台に出たら飛ばなければならない」

昔のマジシャン、アダチ龍光氏の言葉だそうだ。

飛ぶというのは、決してジャンプすることではない。

全て、何もかもを忘れて、演技をするべきということ。

マジシャンに悩みがあったとしても、はたまた、前日腹痛だったとしても、それらは見ている観客には関係がない。

そんなことを全て無いものとして演技をするべき。

そんな考え方。

僕はこの言葉が好きで、出番の直前に袖で待機している時はボーっとしている。

さて前のコンテスタントが終わり、ついに僕の番だ。

スクリーンには僕の写真と名前が出る。

そして音楽が鳴った。



次回・・・始まった本番。その時の事をつらつらと。



※この記事は、「自分のための大樹マジック史」と題して綴っています。
スタートは、「自分のための大樹マジック史~人生初のマジック体験の記憶」です。




******<自主公演 完売御礼>******

20180404 20180223_2


代表作「七変化」を含む90分の手妻公演です!
これからライブ活動に力を入れていこうと考えています。
その第一歩の活動です。是非ご支援ご協力をお願いします!

<公演案内>
藤山大樹 江戸手妻~Japanese Traditional Magic~
日程 5月13日(日)
時間 開場 16:00 開演16:30 終演予定 18:00
会場 武蔵野芸能劇場 小劇場 (三鷹駅)
地図 http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/geinou/access.html
料金 先行販売 2,100円(2月14日~3月13日23:59)
    前売り2,500円(3月14日~5月12日23:59)
    当日 3,000円
    (全席指定席)

<WEB購入方法>
以下URLから購入可能
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/017vugzedmih.html

※クレジットカード対応
※チケットレスです。
※購入後、自動返信メールとは別に、座席番号をお知らせするメールをお送りいたします。
※上記WEB購入が難しい場合、振り込みによる購入も対応いたします。ご希望の場合はtaijyufujiyama@japanesemagic.jpにご連絡ください。

2018.04.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 本のつもり

2回目の世界大会に向けての挑戦の事~会場までの道のり~

この年大会はイタリアのリミニという街で開催された。

世界大会は現地まで行くまでがまず一つの試練だと考えている。

大きな荷物を抱え、知らない町に飛行機、電車、バスと色々乗り継ぎ、移動するわけである。

参加者の中には、飛行機で荷物が紛失し大会に出れなくなる人もいる。

それがなかったとしても、今度はスリなどにも注意しないといけない。

海外でのトラブルは日常茶飯事。

流石に一人では現地にたどり着くことさえ難しいので、友人がツアーを組んでくれたのでそれに便乗。

リミニに近づくにつれて、電車や町の中で知り合いに会う場面もあり、大会だな~と感慨深くなる。

町はイタリアのバカンスを楽しむところらしく、賑わっていたことを覚えている。

さてまず大会に参加するには、登録が必要だ。

大会には1000~2000人が押し寄せるので登録するだけでも毎回大変なことになる。

受付には幾つか列がある。

アルファベット順にイニシャルがA~F、G~M、~と別れている。

各列とも凄い列だ。

この時悩むのが、イニシャルは、苗字か、名前か、はたまた芸名かどうか。

どの列も凄い人の数なので、一度間違えるとかなりめんどくさい。

しかも皆が皆、日本人のように律儀に待たない。

横はいりなどは当たり前。

まるでごった返しているバーゲンセールの様。

そんなこんなで無事にレジストレーションを終えて、いざ大会に参加する。



次回・・・始まった世界大会FISM in Italy。そのことをつらつらと。





※この記事は、「自分のための大樹マジック史」と題して綴っています。
スタートは、「自分のための大樹マジック史~人生初のマジック体験の記憶」です。




******<自主公演 完売御礼>******

20180404 20180223_2


代表作「七変化」を含む90分の手妻公演です!
これからライブ活動に力を入れていこうと考えています。
その第一歩の活動です。是非ご支援ご協力をお願いします!

<公演案内>
藤山大樹 江戸手妻~Japanese Traditional Magic~
日程 5月13日(日)
時間 開場 16:00 開演16:30 終演予定 18:00
会場 武蔵野芸能劇場 小劇場 (三鷹駅)
地図 http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/geinou/access.html
料金 先行販売 2,100円(2月14日~3月13日23:59)
    前売り2,500円(3月14日~5月12日23:59)
    当日 3,000円
    (全席指定席)

<WEB購入方法>
以下URLから購入可能
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/017vugzedmih.html

※クレジットカード対応
※チケットレスです。
※購入後、自動返信メールとは別に、座席番号をお知らせするメールをお送りいたします。
※上記WEB購入が難しい場合、振り込みによる購入も対応いたします。ご希望の場合はtaijyufujiyama@japanesemagic.jpにご連絡ください。

2018.04.11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 本のつもり

2回目の世界大会に向けての挑戦の事~眠れない日々~

とても悩んでいた。

悩んで眠れないということをこの時初めて経験したかもしれない。

刻一刻と大会の日が近づいていく。

とてつもなくモヤモヤしていた。

考えていることが実現し、物事が前に進んでいればこうはならないのだろう。

この時の僕は、考えても考えても前に進めず、イライラしていた。

一日中ただ考えて終わる日もある。

寝ればいいのに、ベット横たわると更に考えてします。

これは癖なんだろう。

いつも歩きながら、作業しながら考えを巡らせている。

寝るときは動かなくていいから、更に考えに集中できる!

それで余計に寝れなくなる。

そんなことを繰り返していた。

そんなことをしているともう大会目前。

イタリアへ行く準備を整えた。



次回・・・人生2回目の世界への参加の事をつらつらと。



※この記事は、「自分のための大樹マジック史」と題して綴っています。
スタートは、「自分のための大樹マジック史~人生初のマジック体験の記憶」です。




******<自主公演 完売御礼>******

20180404 20180223_2


代表作「七変化」を含む90分の手妻公演です!
これからライブ活動に力を入れていこうと考えています。
その第一歩の活動です。是非ご支援ご協力をお願いします!

<公演案内>
藤山大樹 江戸手妻~Japanese Traditional Magic~
日程 5月13日(日)
時間 開場 16:00 開演16:30 終演予定 18:00
会場 武蔵野芸能劇場 小劇場 (三鷹駅)
地図 http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/geinou/access.html
料金 先行販売 2,100円(2月14日~3月13日23:59)
    前売り2,500円(3月14日~5月12日23:59)
    当日 3,000円
    (全席指定席)

<WEB購入方法>
以下URLから購入可能
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/017vugzedmih.html

※クレジットカード対応
※チケットレスです。
※購入後、自動返信メールとは別に、座席番号をお知らせするメールをお送りいたします。
※上記WEB購入が難しい場合、振り込みによる購入も対応いたします。ご希望の場合はtaijyufujiyama@japanesemagic.jpにご連絡ください。

2018.04.10 | コメント(2) | トラックバック(0) | 本のつもり

«  | ホーム |  »

プロフィール

Taijyu Fujiyama

Author:Taijyu Fujiyama
名前 藤山大樹(ふじやま たいじゅ)
職業 手妻師(日本伝統奇術)

(公社)日本奇術協会 正会員・師範

2014年FISM ASIA 部門優勝
2015年マジック世界大会「FISM」の日本代表 部門5位
世界10ヶ国20都市以上で公演

検索フォーム